新住協の技術アラカルト 高断熱高気密を基本性能とした家づくりをサポートするシステムを「サブシステム」として色々な開発を進め、世に出しています。例えば、カーポート。今は1家に2〜3台の車が所有される時代。冬タイヤが8本どこかに収納されていることになります。そこで、収納付きのカーポートを企画し住宅と一体で建築してみました。収納がすっきりして建物にもマッチしたばかりか、ホームセンターのエクステリアとは異質の景観が生まれました。
 新住協は高断熱高気密の技術だけではなくこういう開発も進めています。
木製カーポート
収納システム
暖房
 
 
 
 

 新住協のPFPサブシステム 

外構システム 木製カーポート
夏冬のタイヤ収納に園芸道具がすっきり

新住協で開発したパネル住宅システムPFP(集成材+クレテック)のMarKVに外構システムがあります。
建物の外観に調和した。カーポートはアルミやスチールとは違った趣があります。
 TOPページへ戻る