改良された工法
新在来木造構法

室蘭工業大学の鎌田紀彦教授は昭和60年に北海道建築学会で在来木造工法の熱性能の問題点を指摘に改良工法を発表しました。

道内の工務店がその工法を実行してみると驚くほどの違いがあらわれ、同じエネルギーで暖房面積は3倍〜5倍に増えました。

それが新在来木造構法の始まりで今日、国土交通省の省エネルギー基準の基本工法に採用されています。新在来木造構法はオープン工法として全国各地の工務店が自由に取り組んでいます。技術マニュアルも既に3万部以上発行されています。

在来工法ではなぜ断熱材が効かないのか、なぜ木材が腐るのか、その原因を究明して「新在来木造構法」が構築されました。
新在来木造構法マニュアル2002(新住協発行)に記載されている図をご覧下さい。

1.断熱材が効かない構造
2.改良された在来工法
3.新在来木造構法とは
4.新在来木造構法の基本4型

改良された工法 新在来木造構法
1.断熱材が効かない構造
通気層があっても気流止めがない場合も断熱材は効かない


2.改良された在来工法
床下からの気流を止める
@気密シートで止める
(先張りシート)方法
A床合板で止める方法

3.新在来木造構法とは

   @在来木造工法の高断熱化技法

   A室蘭工大鎌田紀彦教授が昭和60年北海道建築学会で発表

   B新在来木造構法として北海道から普及

   C高性能グラスウールの充填断熱が基本

   Dオープン工法 誰でもが自由に使える

   E北海道から関東、関西へ、地域の家づくり

4.新在来木造構法の基本4型

 充填断熱は天井ー壁ー床に断熱するワンパターン(下図A)のように解説されていますが、現実は違います。北海道や東北の断熱先進地域では、下図のように屋根ー天井、壁ー床の断熱が組み合せが多様に施工されています。これを基本4型と呼んでいます。

@図A 天井ー壁ー床 
もっとも省エネ型、寒冷地で多い
   
A図B 天井ー壁ー基礎 
東北では80%がこの型 施工性もよく性能も保持しやすい

B図C 屋根ー壁ー床 
基礎断熱ができない北海道のような寒冷地に多い

C図D 屋根ー壁ー基礎 
柱、梁など木材を表し、大きな空間が人気。より高断熱が必要
図A 図B
図C 図D
ちょっと一言:

暖房エネルギーを計算すると、DはAの70%増しという燃費です。見た目はいいが暖房費もかかる、というのが実態。それを解決するには断熱材の厚みを増し、開口部の性能を上げるなど、ワンランク高い断熱性能が必要です。

 TOPページへ戻る